フォーラム・セミナー

Forums And Seminars

フォーラム・セミナー

セミナーの受付は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

セミナー・対談

10/12(Wed)

受付は
終了しました

13:30~14:30/¥1,000

対談

定員200名

「北欧の暮らしとインテリア」

川上 玲子 インテリア&テキスタイルデザイナー
川上 麻衣子 女優、ガラスデザイナー
モデレーター
喜多 俊之 デザインプロデューサー

女子美術短期大学、桑沢デザイン研究所卒業。通産省(現、経済産業省)産業工芸試験所研究生を経て前川國男建築設計事務所勤務。その後、スウェーデン国立美術工芸デザイン大学テキスタイル科留学。帰国後、武蔵野美術大学、昭和女子大学等の非常勤講師をしながら建築空間のテキスタイルアートやインテリアデザインに携わる。主な仕事に岡山県県庁のインテリアデザイン&テキスタイル、盛岡グランドホテルのインテリア&テキスタイル、横浜市中央図書館のインテリア&テキスタイルアート。住宅デザインとしてスウェーデンハウス、大和ハウスなどのモデルルームデザイン。武蔵野美術大学客員教授、(公社)日本インテリアデザイナー協会理事長を歴任。現在北欧建築•デザイン協会副会長。1994年度JID賞インテリアスペース部門賞受賞。

スウェーデン、ストックホルム生まれ、小学校3年から4年にかけてスウェーデンの小学校で学ぶ。玉川学園中等部に在学中NHKドラマ「絆」でデビュー、TBS「3年B組金八先生」で一躍人気を得る。その後映画、舞台、TVドラマで幅広く活躍。女優業と共に吹きガラスに魅せられデザイン展を毎年行っている。スウェーデンのベストセラー絵本「愛のほん」「死のほん」(小学館)を翻訳。2015年には猫エッセイ「彼の彼女と私の538日」(竹書房)出版。
10月8日より全国東映系にて映画「少女」三島有紀子監督が公開。第6回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞受賞。

受付は
終了しました

15:30~16:30/無料 時間が変更になりました

対談

定員200名

「『木』という世界共通語」

ブレンド・コマー デザイナー/スカルプター
喜多 俊之 デザインプロデューサー

ブレント・コマー・オリジナルズの代表。デザイナー/造形オブジェ、環境デザイン、家具デザインアーティストとして、カナダ・バンクーバーを拠点に、日本、北米、ヨーロッパで国際的に高い評価を得ています。

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリ・ポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされている。また、日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化およびクリエイティブ・プロデユーサーとして多方面で活躍する。国際見本市「Living & Design」総合プロデューサー。暮らしのリノベーション「RENOVETTA プロジェクト」提唱。大阪芸術大学教授。2011年イタリア「黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。2013年フィンランド・ヘルシンキの国際エコデザインエキシビジョン2013 館長および審査員長として招かれる。2016年イタリア「黄金コンパス賞」国際審査員を務める。著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」など。

10/13(Thu)

受付は
終了しました

13:30~14:30/¥1,000

対談

定員200名

「テキスタイル・建築・光」

安東 陽子 テキスタイルデザイナー・コーディネーター
岡安 泉 照明デザイナー

東京生まれ。武蔵野美術大学短期大学部卒業。
株式会社 布での勤務を経て、2011年安東陽子デザイン設立。
多くの建築家が設計する公共施設や個人住宅などにテキスタイルを提供。
近年では、岐阜メディアコスモス、台中国家歌劇員(共に伊東豊雄建築設計事務所設計)のテキスタイルを手がけている。

1972年神奈川県生まれ。1994年日本大学農獣医学部卒業後、生物系特定産業技術研究推進機構に勤務、1999年より2007年まで照明器具メーカー勤務のほか、2003年super robotで活動開始、2005年ismi design office 設立。2007年岡安泉照明設計事務所に改称。
建築空間・商業空間の照明計画、照明器具のデザイン、インスタレーションなど光にまつわるすべてのデザインを国内外問わずおこなっている。
近年では、武蔵野プレイス(設計:kw+hg architects)、浅草文化観光センター(設計:隈研吾建築都市設計事務所)、ミラノサローネ(カネカ“Infuse”、東芝“Sofio”、レクサス“amazing flow”)などを手がける。
あかり文化の再構築を目指す“エッセンシャルライトジャパンプロジェクト”の発起人。

受付は
終了しました

15:00~16:00/¥1,000

セミナー

定員200名

「空間とモノの間のデザイン」

YOY デザインスタジオ
小野 直紀 空間デザイナー
山本 侑樹 プロダクトデザイナー

YOY (ヨイ) は、空間デザイナーの小野直紀とプロダクトデザイナーの山本侑樹が主宰するデザインスタジオ。2011年に設立され、東京と京都を拠点に国内外で活動。「空間とモノの間のデザイン」をテーマに、家具、照明、インテリアを中心とした作品を制作。その作品はMoMAをはじめ世界中で販売され、国内外で多数のアワードを受賞している。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師。2016年4月に、ミラノで個展を開催。

10/14(Fri)

受付は
終了しました

13:00~14:00/¥1,000

セミナー

定員200名

「常に思っていること」

長坂 常 スキーマ建築計画代表 / 建築家

スキーマ建築計画代表。1998 年東京藝術大学卒業直後にスタジオを立ち上げ、シェアオフィス「HAPPA」を経て、現在は青山に単独でオフィスを構える。 仕事の範囲は家具から建築まで幅広く及び、どのサイズにおいても 1/1 を意識した設計を行う。 国内外でジャンルも問わず活動の場を広げる。日常にあるもの、既存の環境の中から新しい視点や価値観を見出し、デザインを通じてそれを人々と共有したいと考えている。

主な作品
■建築
SAYAMA FLAT (2008) / 奥沢の家(2009) / HANARE(2011) / TAKEO KIKUCHI SHIBUYA(2012) / 鳩ヶ谷の家 (2015)
■受賞歴
2008 5th International Bauhaus Award 2位 /SAYAMA FLAT
2013 JCD アワード(金賞/タケオキクチ渋谷明治通り本店、銀賞/パパブブレ東京大丸店)
2015 JCD アワード(銀賞&服部滋樹賞/OKOMEYA、銀賞/ブルーボトルコーヒー清澄白河カフェ&ロースタリー、ベスト100選:Enroute Ginza)

受付は
終了しました

14:30~15:30/無料

対談

定員200名

「時代を変えるのは、いつだって若手だ。」

平沼 孝啓 建築家

1971年 大阪生まれ。ロンドンのAAスクールで建築を学び、99年平沼孝啓建築研究所設立。主な作品に東京大学の駒場キャンパスに設計した間伐材による環境型木造建築「東京大学くうかん実験棟」や、地域の日常にある建築の新たな価値を位置づけ、継続のあり方を探ったロングライフデザイン・リサイクルストア「D&DEPARTMETPROJECT」
のリのベーション作品などがある。主な受賞に日本建築士会連合会賞や日本建築学会作品選奨、グランド・デザイン国際建築賞(英)やジャーマン・アワード(独)、イノベイティブ・アーキテクチュア国際賞(伊)やウッド・アーキテクチャー・アワード(北米)など受賞多数。09年
国立国際美術館(日)での個展や、14年ヴェネチア・ビエンナーレ(伊)国際建築展に出展したガラス構造の建築「グラステクチュア」など、実験的な作品を多く発表する。現在、The
Structure of Thoughts と題した展覧会をザグレブ(クロアチア)や ベオグラード(セルビア)など巡回中。

「35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2016 出展者」

  • 川嶋 洋平

    川嶋 洋平

    建築家

    PROFILE

  • 小引 寛也+石川 典貴

    小引 寛也 + 石川 典貴

    建築家

    PROFILE

  • 酒井 亮憲

    酒井 亮憲

    建築家

    PROFILE

1983年 静岡県浜松市出身。長野県長野市で少年時代を過ごす。2008年 武蔵野美術大学大学院建築学科修了。学生時代はインスタレーションを中心にアート制作を行う。修了製作の「線」はトウキョウ建築コレクション選出。2008年~2014年 永山祐子建築設計。住宅や店舗をはじめ多岐に渡るプロジェクトを担当。2014年 川嶋洋平建築設計事務所設立。現在は、東京 秋葉原にて自身がリノベーションした事務所を拠点に、集合住宅や住宅リノベーション、オフィス内装、店舗内装等のプロジェクトが進行中。

小引/1980年京都府生まれ。04年東北大学工学部人間環境系土木工学科卒業。06年京都工芸繊維大学大学院修了。06-11年田口知子建築設計事務所勤務。11年小石川建築/小石川土木共同設立。石川/1981年栃木県生まれ。02年国立小山工業高等専門学校建築学科卒業。04年千葉大学工学部都市環境システム学科卒業。06年京都工芸繊維大学大学院修了。06-11年栗生総合計画事務所勤務。11年小石川建築/小石川土木共同設立。14年第8回キッズデザイン賞受賞(もくもく子ども園・学童クラブ)。同年グッドデザイン賞2014受賞(サイクルステーションとりで)。15年グッドデザイン賞2015受賞(石の祈念堂)。

1981年生まれ。14年東京芸術大学大学院博士後期課程単位取得退学。大学院在籍中にstudio[42]設立。05-06年Stuttgart芸術大学建築科、Baden-Württemberg州財団奨学金受給留学。現在、studio[42]主宰、bask design共同主宰。

1982年千葉県生まれ。2008年慶應義塾大学大学院修了。2008-2015年伊東豊雄建築設計事務所勤務。2015年高池葉子建築設計事務所設立。2015年神戸ビエンナーレしつらいアート部門入賞。2011年の東日本大震災の後、伊東豊雄氏と集いの場「みんなの家」の建築に奔走。その過程で、人と人の結びつきが強く残っている地域の力と、その力を発揮する建築のあり方に目覚める。現在、東京を拠点に設計活動を行いながら、岩手県釜石市などの被災地の復興支援活動を続けている。

1983年兵庫県生まれ。2006年神戸芸術工科大学卒業。2008年同大学院修士課程修了(花田佳明研究室)。2012年TAKEHANAKE design studio設立。愛知建築士会名古屋北支部建築コンクールにて古谷誠章賞・江尻憲泰賞・佳作を受賞。「Inspire the other fields」をコンセプトに、横浜アートコンペティション2015入選、第24回・25回紙わざ大賞入選、Art in the office CCC award入選。また大名小学校保存活用プロジェクトなどのまちづくり活動、ファッションや陶芸、折り紙などを通して他分野にある「小さな建築」の可能性を追求している。

1985年山梨県生まれ。08年武蔵工業大学工学部建築学科卒業。10年武蔵工業大学大学院工学研究科建築学専攻博士前期課程修了。11年トラフ建築設計事務所、12–16年小川晋一都市建築設計事務所を経て、個人での設計活動をはじめる。主な作品は、「野菜畑の倉庫」。進行中のプロジェクトは、「裏の家(古民家改修)」、「O夫妻の家」、「鳥取のアトリエ」、「柿渋プロジェクト」がある。

1984年大阪府生まれ。2007年京都造形芸術大学環境デザイン学科卒業。2008-2009年藤本壮介建築設計事務所、2011-2013年SANDWICH、2013-2015年Blue Architects(スイス、チューリッヒ)にてアート、プロダクトデザイン、建築など国内外にて多数のプロジェクトを担当。16年よりチューリッヒと大阪を拠点に本格的に個人活動を開始。主な個人作品に施主との自主設計、施工によるプロジェクト「Asakusa」(2015年)など。現在、スイスと日本にて複数のプロジェクトが進行中。

受付は
終了しました

16:00~17:00/¥1,000

対談

定員200名

「作品づくりと社会貢献の両立を目指して」

坂 茂 建築家
喜多 俊之 デザインプロデューサー

1957年東京生まれ。84年クーパー・ユニオン建築学部(ニューヨーク)を卒業。82-83年、磯崎新アトリエに勤務。85年、坂茂建築設計を設立。95年から国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)コンサルタント、同時に災害支援活動団体 ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク (VAN)設立。主な作品に「ニコラス・G・ハイエック・センター」、「ポンピドー・センター・メス」、「大分県立美術館」などがある。これまでに、フランス建築アカデミー ゴールドメダル(2004)、日本建築学会賞作品部門(2009)、オーギュスト・ペレ賞(2011)、芸術選奨文化部科学大臣賞(2012)、フランス芸術文化勲章コマンドゥール(2014)、プリツカー建築賞(2014)、JIA日本建築大賞(2015)など数々の賞を受賞。2001年から2008年まで、慶応義塾大学環境情報学部教授。ハーバード大学GSD客員教授、コーネル大学客員教授(2010)を務め2011年10月より京都造形芸術大学教授、2015年9月より慶応義塾大学環境情報学部特別招聘教授に着任。

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリ・ポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされている。また、日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化およびクリエイティブ・プロデユーサーとして多方面で活躍する。国際見本市「Living & Design」総合プロデューサー。暮らしのリノベーション「RENOVETTA プロジェクト」提唱。大阪芸術大学教授。2011年イタリア「黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。2013年フィンランド・ヘルシンキの国際エコデザインエキシビジョン2013 館長および審査員長として招かれる。2016年イタリア「黄金コンパス賞」国際審査員を務める。著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」など。